スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【旅141日目】【2012年9月27日】ボランティア2日目「いつ復興したと言えると思いますか?」

2012年9月27日(木) 旅141日目 岩手県陸前高田市 くもり(・∀・)

いつもお世話になっております。ペニャイダーですm(_ _)m
s5-IMG_1881.jpg
「いつ復興した言えると思いますか?」

今回は岩手県陸前高田市でのボランティア活動二日目です。
s5-IMG_2079.jpg
前夜、簡易宿泊施設「矢作小学校」の談話室でPC作業をしていたところ、北海道の月刊誌「北方ジャーナル」の記者の方に取材を受けました。

記者さんは1週間掛けて被災地をまわり、自らもボランティアをしながら、ボランティアに参加されている方の取材をしているとのことでした。


……
どういう経緯で陸前高田に来たのか?
なぜボランティアをするのか?


いくつか質問と答えをやりとりしましたが、今思えば何言ってんだっていう答えもあります。
カッコイイ答えなんて用意していなかったですし、ペニャはあまり話すのが得意じゃないので、ある意味本音を話せたのかなと思います。

そして、最後の質問は取材する全ての人に尋ねているというものでした。

「いつ、復興したと言えると思いますか?」

……
「仮設住宅が全てなくなった時でしょうか」
陸前高田まで走ってくる間に見た仮設住宅と、数時間前に眺めた荒野となった街。

街が震災前以上に発展し、街を取り戻した人々はかつての街へ帰ることが出来る。そして、仮設住宅は不要となる。その時が復興なのだと考えてのことでした。

ただ、今考えるとその答えが正しかったのかどうか、いくつも疑問が湧いてきます。

街が戻れば、そこに仮設住宅に住む人々が戻れば復興なのか?

街に戻った人々に同じ生活があるのか? 

以前以上の「日常」や「幸福」を生きることが出来るのか?

街は作り直せても、失った命は帰ってこない。
その悲しみを誰かが定義する「復興」で塗りつぶして良いものなのか?

復旧と復興の違いは何なのか?
復旧が仮に過去を取り戻すものだとして、復興は過去とは違う未来を作り出していくものか?

難しい問いです。
この問いを受けた日からずっと考えていますが、答えは出ません。


ただ、最初の「仮設住宅が全てなくなった時」という答えも間違いとは思えないのです。
無責任かもしれませんが、ペニャはこれをひとまずの答えとして行動していければと思うのです。






この日はボランティア2日目。
s5-IMG_1756.jpg
陸前高田ボランティアセンターには前日以上に多くの方々が集まっていました。
s5-IMG_1758.jpg
どこかの企業の方々、ジャージ姿の高校生たち、何台もの大型バスがボランティアセンターに乗り入れていました。二三百人はいたと思います。

一年半が経過した今でもこれだけの人数がボランティアに参加する日本を誇りに思います。

s5-IMG_1770.jpg
この日のペニャの作業は道路脇の草刈り。
s5-IMG_1774.jpg
s5-IMG_1776.jpg
1mほどに伸びた雑草を刈っていきます。

陸前高田での一般的なボランティア作業は落ち着きを見せているそうです。
こんな風に書くと、なぁんだボランティアってもういらないんだなんて思われるかもしれませんが……

公園や東屋を作ろうとしているのもひとつ
不足する宿泊施設を補うために設置された「簡易宿泊施設矢作小学校」もひとつ
Amaichiくんが手伝っていたNPOの町会長同士のコミュニティを作るというのもひとつ
アサコースターが参加していたボランティア組織「カモメネット」の公民館を作る、花を植えるというのもひとつの形だと思います

その場に行ってただボランティアに参加するというのではなく、被災地で今求められているものは何か? 自分に何が出来るのかということ考えたボランティアが必要とされていると思うのです。



ただ誤解しないでいただきたいのは人手はまだまだ必要とされているということです。

草刈りをしなければ、道路は草に覆われ、作業車両の通行に支障をきたします。
s5-IMG_1979.jpg
住宅地跡に残されたガラス破片や木屑などと貴重品の判別は重機では出来ません
そういった作業は今でもたくさん残っています。それらはやはりボランティアの手を、人の手を必要としているのです。

何も考えずスキルも持たず、被災地に突っ込んでいったお前が言うなって話ですね(m´・ω・`)m

実際に何かやりたいと思ったなら各地にあるボランティアセンターに飛び込んでみるというのはいい方法だと思います。

s5-IMG_1827.jpg

s5-IMG_1999.jpg
草刈りを終え、コスモスだけが残された住宅地跡



ペニャのボランティアはこの日で終了です。
わずか二日間という短い期間で、どれだけのことが出来たかと言われれば(´ε`;)ウーン…という感じです。
数ヶ月という長期に渡って活動されている方ともお会いしましたが、本当に頭が下がる思いです。


被災地の「今」を知ることが出来たこと、「復興とは何か?」を考える機会を与えてもらえたことは、ペニャにとってこの旅で大切にしたい思いのひとつになっています。


●走行記録
◆走行距離 28.0km
◆平均速度 20.0km

◆総走行距離 8255.3km

次回は台風18号「イーウィニャ」襲来と気仙沼

今回はこの辺りで、ペニャイダーでしたm(_ _)m

ランキングに参加しました。以下のボタンのどちらかを押してもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

Tag:青森→岩手  Trackback:0 comment:9 

←古い記事へ | HOME | 新しい記事へ→

Comment

ゆーじろー URL|
#- 2012.10.15 Mon21:45
あまいっちゃんのブログで見てからオレもずっと考えていました。
どんだけ考えても、これだ!!って正解みたいなのってないのかなーってのが無能なオレの行き着いた考えでした。
きっと答えはないけど、たくさんの答えがあって、それをぜーんぶひっくるめたら答えになるのかも・・・とか考えてました。例えば仮設がなくなったらとか、街がまた活気を取り戻したらとか、ボランティアが必要なくなったらとか・・・

それでもやっぱり、わかんねーっすなぁ・・・難しい質問ですね。

正解みたいなのってないんかなー・・・とかは思うんだけど、オレ個人の意見だと、被災者の方が無理せずに笑って暮らせるようになったら・・・なのかなぁ。
皆さんが、頑張らなくても笑って暮らせるようになったら、それは復興ってことにならないかな?と少し感じました。

頑張ってね

と言われると正直辛いけど

頑張ってるね

と言われるとすごく落ち着く。

そう言っていた被災者の方の言葉がずっと頭の中に残ってます。
そんな思いをするほど頑張らなくてもいい、そんな風になれたら・・・そんなことを思ったりしました。

で、アヒルさん今どこで何してんのさwww
ダイ URL|
#- 2012.10.15 Mon23:20
一度旅から離れてしまうと、その時思っていたことも少しずつ薄れていってしまうけど、こうやって旅チャリダーのブログを見ていると、その時自分が思っていたことを思い出せていいですね。
東北の太平洋側を通っていたときはとても被災者の方々に積極的に関わる勇気がなかったので、ペニャさんやアマイチ君のブログ見て、少し後悔などしてます。

ところでいまどちらでしょう?まだ東京には入ってないのでしょうか?東京に来たら是非会いたいです!奢りたいです!
時間あったらメールでも連絡ください。
ポットライフ URL|
#- 2012.10.16 Tue11:54
こんにちは~。わたしも8月に三陸へ行って来ました。観光という、お金を落とす形での復興支援ですけれど。親父が三陸の宮古近郊に住んでいたので、以前にも何度か訪れた土地ですが、やはり津波で町ごと無くなっていました。生き残ったお爺さんに話しを聞くことも出来ました。
なかなか現地へ行くことが出来ない人のほうが多い現実、感じたこと、見たことと伝えていく事も復興支援の1つと、思います。

今、千葉ですか。早いな~ブログ更新は遅いけれど。
早いのも遅いのも女の子に嫌われますよ(`へ´*)ノ

横浜来ないのかな?
美味しい豚骨ラーメンの店ありますよ。
寄るなら飯ぐらいご馳走しますから、寄って行って下さいな~
canna URL|
#- 2012.10.16 Tue19:05
ジョンがボランティアしていた時とはガレキの量 だけ が違うね…
あまいっちゃんのもだし、ペニャのもそうだけど難しい質問だよ。
僕は現状を見たわけじゃないから何もいえないけどね。

TVやラジオとは違う目線で、しかも友人が見てきたってのはね
まったく被害の無かった地域に住んでる僕にしてみれば衝撃なんだよね。

もう千葉なのかよwwwww早いなー
あんちゅーなんて道東から一歩も出てないぞあのクズ(褒め言葉)
ジョン氏と遭遇したらよろしく行っておいてくだしあ。
ペニャイダー URL
#- 2012.10.16 Tue19:54
>ゆーじろー
>あまいっちゃんのブログで見てからオレもずっと考えていました。
>それでもやっぱり、わかんねーっすなぁ・・・難しい質問ですね。
難しいねぇ(´・ω・`)
北方ジャーナルの記者さんはどういう風にまとめるんだろう?

>頑張ってね

>と言われると正直辛いけど

>頑張ってるね

>と言われるとすごく落ち着く。

>そう言っていた被災者の方の言葉がずっと頭の中に残ってます。
ゆーじろーのブログを見て、「頑張ってね」という言葉を避けようと思ってました(´・ω・`)
被災地では心のケアが必要とされている一方、毎日のように来る心のケアにストレスを感じている人もいらっしゃるようです。

>で、アヒルさん今どこで何してんのさwww
千葉県の山の中の道の駅でプルプル震えながらキーボード叩いてます。
東京まではあと二日。何日間か東京近辺にいますが静岡到着まで2週間は掛からないのでは……? と思ってます。


>ダイさん
>一度旅から離れてしまうと、その時思っていたことも少しずつ薄れていってしまうけど、こうやって旅チャリダーのブログを見ていると、その時自分が思っていたことを思い出せていいですね。
そうですね(・∀・)誰かのブログに、自分が通った場所や自分の思い入れの強い場所が登場すると記憶が蘇りますね。地元とか出てくるとすごく楽しいです(゚∀゚)
>東北の太平洋側を通っていたときはとても被災者の方々に積極的に関わる勇気がなかったので、ペニャさんやアマイチ君のブログ見て、少し後悔などしてます。
僕も後悔はたくさんしていますよ(*´∀`*)
あそこ行けばよかったなぁ…… あれ食べとけばよかったなぁ…… あの人に会っておけばよかったなぁって、
でも、それがまた行きたいになるなら良いと思ってます。

>ところでいまどちらでしょう?まだ東京には入ってないのでしょうか?東京に来たら是非会いたいです!奢りたいです!
おごってくださるなんてとんでもない(;・∀・)
こちらからご挨拶に伺いたいところです(´∀`*)ウフフ
>時間あったらメールでも連絡ください。
メールさせていただきました(`・ω・´)

>ポットライフさん
>こんにちは~。わたしも8月に三陸へ行って来ました。観光という、お金を落とす形での復興支援ですけれど。
立派な支援の形だと思います。復興資金はいくらあっても足りないでしょうから……
>親父が三陸の宮古近郊に住んでいたので、以前にも何度か訪れた土地ですが、やはり津波で町ごと無くなっていました。生き残ったお爺さんに話しを聞くことも出来ました。
僕は宮古に南下する前に内陸に入ってしまったので、宮古の被災状況を存じ上げないのですが、やはりひどい状況だったのですね(´・ω・`)

>今、千葉ですか。早いな~ブログ更新は遅いけれど。
>早いのも遅いのも女の子に嫌われますよ(`へ´*)ノ
今、僕が非リア充である謎が解けました(・∀・)

>横浜来ないのかな?
>寄るなら飯ぐらいご馳走しますから、寄って行って下さいな~
横浜もちろん行きますよ(*´∀`*)中華街以外の情報を持ってない世間知らずではございますが(´;ω;`)
>寄るなら飯ぐらいご馳走しますから、寄って行って下さいな~
関東圏ではたくさんの人に声を掛けていただいて嬉しい限りです(*´∀`*)
出来る限りみなさんにお会いしたいと思ってます。

>canna
>ジョンがボランティアしていた時とはガレキの量 だけ が違うね…
そうだね。ジョンさんが訪れた去年はまだまだ瓦礫処理や側溝の掻き出し作業が残っていたみたいだね。
ただ話を聞く限り、福島ではまだまだそういった作業が残ってるらしいよ……
>TVやラジオとは違う目線で、しかも友人が見てきたってのはね
>まったく被害の無かった地域に住んでる僕にしてみれば衝撃なんだよね。
被災地から遠く離れていると、身近な人が現地に入ったってなかなかいないよね。
そういう風に思ってくれただけで、訪れてブログにした意味があると思えるよ。

>もう千葉なのかよwwwww早いなー
>あんちゅーなんて道東から一歩も出てないぞあのクズ(褒め言葉)
道東なんて絶対寒いだろ! 千葉でも寒いのに:(;゙゚'ω゚'):

>ジョン氏と遭遇したらよろしく行っておいてくだしあ。
ジョンさんが来月北海道旅行に行くとか書いてるよ(・∀・)
アサコースター URL|
#- 2012.10.17 Wed09:41
僕は最初に被災地に行ったとき、少し観光気分でした。
実際に現地に行って、人と話してみるまで実感が全然わかなくて‥‥‥

本当だったらペニャさんの様に、きちんとブログで書いて、現地の事を知ってもらうのが 僕に出来ることだったんだと思います。
でも、現場に行って感じた複雑な気持ちを文字にすることも出来ず、ブログでは誤魔化してました。

僕も旅が終わったら、また被災地へボランティアに行こうと思ってます!
花でいっぱいの町にしてやる!
ポットライフ URL|
#- 2012.10.17 Wed12:10
では中華街で飲茶でもしますか。
ペニャさんを囲む会でも開けたら良いですね。
連絡方法が書き込みしか無いので、気長にお待ちします。
Yへー URL|
#- 2012.10.18 Thu22:05
復旧だとか復興っていう言葉にはほんと反応してましたね。ぼくも。

でもインタビューってのが正しくて
判断するのはそこに暮らす人々であって

間違っても政府や国じゃないと思うんですわ。

ま、みんな精一杯の今ですよ。
ペニャイダー URL
#- 2012.10.26 Fri09:59
>アサコースター
>僕は最初に被災地に行ったとき、少し観光気分でした。
>実際に現地に行って、人と話してみるまで実感が全然わかなくて‥‥‥
僕も最初は「見てみたい」だけだった。
>本当だったらペニャさんの様に、きちんとブログで書いて、現地の事を知ってもらうのが 僕に出来ることだったんだと思います。
>でも、現場に行って感じた複雑な気持ちを文字にすることも出来ず、ブログでは誤魔化してました。
僕もブログではどうしようかと考えたよ。
辛い記事を上げて、読んでくれている人たちは楽しめるのか?
僕自身その記事を書いて後悔しないのか?

でも、今は書いてよかったと思うよ(`・ω・´)

>ポットライフさん
>では中華街で飲茶でもしますか。
>ペニャさんを囲む会でも開けたら良いですね。
>連絡方法が書き込みしか無いので、気長にお待ちします。
ありがとうございます(・∀・)そしてすみません。
囲む会ではないですが、たくさんの人と中華街を楽しんできました(・∀・)

>Yへーくん
>インタビューってのが正しくて
>判断するのはそこに暮らす人々であって
>間違っても政府や国じゃないと思うんですわ。
そうだね。決してそれを本人以外が決めるべきではないね。
そしてそれはもちろん僕が決めるべきではないことなんだけど、それはそれで考えることを放置しているようにも感じる(;´Д`)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ペニャイダー

Author:ペニャイダー
◆現在地: 大阪府堺市(実家)

北海道天塩町鏡沼海浜公園キャンプ場の落書き帳をまとめた冊子が届きました(・∀・)
昨年、↑のキャンプ場及びライダーハウスを利用し落書き帳に書き込んだ旅人達に無料で送付されるものです。

懐かしいですね。
知合いの書込みがいっぱい載ってます(*´∀`*)

今走ってる現役チャリダーだと、ザワさんゆーじろーあたりの落書きが載ってておもしろい(・∀・)

◆ステータス:ヒキニート万歳ヽ(´ー`)ノ

2012年4月1日大阪を出発。
ホワ子さん(自転車)とアヒル隊長(マスコット)とともに日本一周を目指します。
※現在大阪で冬眠中

詳細プロフィール

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブログランキング
にほんブログ村のランキングです。 押していただくとちょこっと嬉しいですヽ(´∀`)ノ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。